ブログ収益化

アドセンスで月3000円を達成するためにやったこと

ブログやサイトで収益化するときにアドセンスは収益化が比較的簡単なことで有名です。

しかし、ブログの運営を始めても、なかなかアドセンの収益が上がらないというヒトも多くいることと思います。

今日は私がアドセンス収益が3000円を超えたときの状況を少し紹介しようと思います。

単純計算でいくと・・・

アドセンス広告を掲載したブログの1PVあたりのクリック率は大体0.5%くらい、1クリックあたりの単価は50円としておきます。

この数値で毎月3000円を稼ぎたいと思ったら、1日2クリック(100円)を30日間継続できればOKとなります。

逆算すると、1日400PV集められるようになれば、この目標は達成できます。

という感じで、私は目標設定して、PV数を稼ぐことを目標に記事を書くことにしました。

何を書いたらいいのか?

「何を書けばいいかわからない」

「ネタがない」

と言うのはよく聞きますが、そんなに心配することは無いのかなと思います。

 

あまり悩まずに得意な分野を攻めるのが良いです。

例えば、友達が困っていたらアドバイスできること、周りの同僚より少しだけ詳しいことなど、周囲の人をと比べてあなたしか知らないことがあるはずです。

大衆の面前で話をしなければいけないわけではないので、必ずしもプロである必要はないということです。

 

もし本当にネタが見つからないときは、はてなブックマークだったり、yahooやgooなどの質問掲示板を見てみましょう。

誰かの質問に自分が応えるとしたらどうでしょうか?

いろいろなところにネタは転がっているはずです。

 

私の場合はそれが医療や健康のことでした。

仕事柄そういうことはよく耳にしたりするので、自然と詳しくなっていっただけです。

それをまとめていけば、医療や健康についての記事が溜まっていってアクセスも伸びていきます。

 

週に1記事くらいの更新しかしていなかったので、ゆるやかに上昇していったというのが実際のところです。

すぐに1万とか5万とかの収入を目指すためには、記事数を増やしてPVを集めなければいけません。

時間がある人はいいのですが、そうでもない人は自分のペースを作って更新した方がいいです。

続けることで確実に収益は増えていくので、挫折するような目標はやめておきましょう。

1記事のボリューム目安

1000文字は必要とか、500文字くらいでも大丈夫とか、いろいろな意見が飛び交ってますが、正直どうでもいいことです。

内容が相手に伝わって、それが役に立つ記事なら300文字でも、人気のコンテンツになることがあります。

検索エンジンはユーザーが必要な情報を探すために日々進化しているので、文字数を気にするのはやめましょう。

 

それよりも、誰でも理解できる言い回しをすることや、専門的な言葉を使わない事のほうが大事です。

ある業界ではメジャーな表現でも、その外では全く違った意味を持っていたりします。

サイトに訪れるユーザーが専門的な知識を持っていない、その業界では全くの初心者かもしれません。

私の場合はそういう人たちのことを考えて記事を書いたほうが、より多くのPV数(評価)を得られると思っています。

何を使ってアドセンスを続けるか

記事を公開するために、無料ブログサービスで広告OKなものを使っている人もいるかと思います。

個人的にはおすすめしません。

はじめはあまり気にならないのですが、使い込もうとしたときに絶対に限界を感じます。

 

結局はサーバーをレンタルして独自ドメインで運用したくなるので、最初からレンタルサーバーで運用した方が効率的です。

特に記事数が増えてからの移行はかなりしんどいので、もし無料のサーバーやブログサービスを利用するならお試し程度で利用しておきましょう。

 

私の場合は、無料ブログサービスはほとんど使いませんでした。

最初の1ヶ月位だけで使いにくさを感じて、そのあとはレンタルサーバーを借りて「SIRIUS」を使っていました。

SIRIUS自体はとても優秀で、HTMLなどのWEB知識がなくても綺麗なサイトを構築できるので、初心者でも使いこなすのは簡単です。

実際、簡単操作モードとかも有りますので。

 

記事のカテゴリーが決まっていて、どんなサイトを作るかが決まっているなら、SIRIUSでポータルサイトを作って行くのもいいと思います。

記事管理も難しくないですし、テンプレート編集で自動的に広告を挿入できたり、登録した広告を右クリックで一発挿入などもできます。

完全買い取りのシステムで、アップデートは今も頻繁に行われているのでおすすめです。

次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

 

それ以外で言うと、最近はWordPressが流行っているというか、もうそれしか無い!みたいな雰囲気になっています。

私は直近の1年位はWordPressで記事を書いています。

ネット上の情報も多くて、困ったときに情報がすぐみつかるというのが良いところです。

 

WordPressの場合、記事の管理はブラウザで行います。

自分のサイトのWordPressにアクセスして、インターネットを通じて記事を更新していきます。

極端な話、スマホさえあれば記事を更新することもできます。(やっている人を見たことはありませんが・・・)

 

もしWordPressでアドセンスを始めるなら、最初につまずくのは操作とサイトのデザインかと思います。

操作に関しては触っていればそのうち慣れるので、それほど問題ないのですが、デザインは難しいところです。

 

無料テーマで綺麗な表示ができるものもあるのですが、素人っぽいデザインで運用されているブログやサイトも多いです。

もしWordPressを使ってアドセンスをするなら、TCDテーマの「BlogPress」を使うことをおすすめします。

 

一番アドセンスに向いているテーマで、内部SEOなどの基本的なことはバッチリされているので、アクセスを落とす心配がありません。

カスタマイズ性もある程度あるのですが、サイト全体のデザイン性を損なうことなくカスタムできるように作られています。

マニュアルにそって設定していけば、綺麗なブログがその日から使えるという優れものです。

もちろん、アドセンス広告を一括で全ページに設定することができるので、そのあたりは抜かりありません。

WordPressテーマ「BlogPress」

最後に

今アフィリエイトやアドセンスなどのサイドビジネスが流行っています。

ですが、自分自身がブログやサイトを続けているのは、運営すること自体に楽しみを感じられるからです。

「誰かの問題を、自分の経験を教えることで解決できる」って結構すごいこと何じゃないか?

と思えるので、義務感とか仕事と思わず、楽しみながらやっています。

 

ネタがないときは、いろんな人の記事を参考にしたり、質問掲示板などを見たりしてネタ探しをしています。

そういう時間も楽しいんですよね。

そう思えるほうが、絶対長続きすると思いますし。

この記事を最後まで読んで下さった方には、ぜひ楽しく続けてもらいたいと思います。

ではまた。

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

WordPressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

スポンサードリンク

関連記事

  1. ブログ収益化

    Google Adsenseに登録してみて分かった注意したいこと

    Google Adsenseは自分のブログとかサイトにgoogleが提…

  2. ブログ収益化

    記事を書くだけ?広告OKな無料ブログをピックアップ

    「いきなり月額サービスへ登録というのもちょっと気が引けるな~」とい…

  3. ブログ収益化

    月額100円から使える「ロリポップレンタルサーバー」

    ブログをはじめるとき、どのサーバーを契約するかとういのは悩みど…

  4. ブログ収益化

    商品に価値をもたせる○○を使った文章の書き方

    売る記事を書こうとすると、怪しい売り込みみたいになってしまう…

  5. ブログ収益化

    無料から収益化?有名ドコロの無料サーバーをピックアップ

    前回は、無料のブログサービスで使い勝手のいいものを2つ紹介しました。…

  6. ブログ収益化

    無料レポートスタンドの「メルぞう・Xam」を120%使い倒す方法

    メルぞう・Xam(ザム)は無料レポートを配信するための専用スタンド(サ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ピックアップ記事

おすすめの本

使用している素材

カテゴリー

 
  1. ブログ収益化

    脱初心者しませんか?Amazon・楽天のアフィリエイトを上手に活用するための予備…
  2. ブログ収益化

    月額100円から使える「ロリポップレンタルサーバー」
  3. グラフィックデザイン

    自作?外注?その前にコレ!ブログのロゴデザインをするなら「Logaster」を使…
  4. グラフィックデザイン

    レイアウトデザインに最適な無料ソフト「inkscape」(≒Illustrato…
  5. 素材

    無料でクオリティが高く、検索機能が利用できる画像素材サイト3選
PAGE TOP