チュートリアル

GIMPで秋の行楽・旅行バナーを作りました。

秋の旅行をイメージしてGIMPでバナーを作成してみました。

以下に作り方のポイントをメモしたので、よろしければご覧ください。

使用した画像はACWorksさんの紅葉の画像。

⇒ 秋の風景16(photo AC)

フォントはflopdesignさんのうつくし明朝です。

⇒ うつくし明朝(flopdesign)

写真+文字バナー作成のポイント

このバナーだと同じものを作ろうとすれば、10分もかからないと思います。

要点だけ簡単にまとめておきます。

写真の明度を上げる

背景を写真にして、文字入れをしようとすると、写真の強さが際立ってしまって、文字の可読性が下がってしまいます。

これを回避するために、写真の明度を最大まで上げています。

明度を上げていくと、写真自体が白っぽくなり、文字とのコントラストがついて可読性が上がります。

写真の明度を最大まで上げる

文字間隔(カーニング)を調整する

うつくし明朝を使った場合、文字間隔の調整をしなければ、少し違和感のあるコピーになってしまいます。

文字間隔と文字サイズの調整

もともとひらがなと感じのカーニング(文字間隔)が不均一に見えやすいフォントなので、ベタ打ちのままだとやや違和感があります。

また、ひらがな同士のカーニングは広く、漢字の両脇はカーニングが狭いので、リズムの悪い雰囲気が出てしまいます。

これを手動で直していくと読みやすく、まとまりのある雰囲気になります。

アクセントとして漢字は一回り大きく、イメージにマッチする色を使います。

「秋」は茶系、「癒」は緑系ですね。

背景にも近似色が使われているので、違和感なく感じると思います。

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

WordPressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

スポンサードリンク

関連記事

  1. チュートリアル

    簡単にテキストレイアウトができるinkscapeの「テキストの流し込み」機能の使い方

    写真付きのパンフレットでよくあるテキストレイアウトには被写体を邪魔しな…

  2. 素材

    アイコンの基本は抽象化!特徴を見つけて基本図形に落としこむ方法

    作りたいアイコンやロゴがあるときに、なかなかアイデアが浮かばないという…

  3. チュートリアル

    「とあるのロゴジェネレーター」を参考にinkscapeでロゴをリメイク

    「ロゴ作成の勉強ってどうやってすればいのー?」と、よく自分でも考え…

  4. 素材

    inkscapeで取り込んだJPGやPNG画像をトリミングをする方法

    inkscapeでフライヤーや店舗のメニューを作りたいと思ったらトリミ…

  5. グラフィックデザイン

    自作?外注?その前にコレ!ブログのロゴデザインをするなら「Logaster」を使ってみて

    ブログやサイトのロゴを作るときって時間的・金銭的に結構なコストがかかり…

  6. チュートリアル

    無料のURL短縮ツール「ClickScope」をサーバーに設置する方法

    コスト削減も兼ねて、無料のURL短縮ツール「ClickScope」をサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ピックアップ記事

おすすめの本

使用している素材

カテゴリー

 
PAGE TOP