ウェブコーディング

PHPなどのプログラムコードをUTF-8で保存するときの注意点

サーバーで実行されるPHPやJavascriptなどをテキストエディタで作成するとき、テキストのエンコードはUTF-8でなければいけないというのは当然です。

ただし、日本語を含めたコードを作成するときは単にUTF-8であればいいかというと、そういうわけではありません。

今回はそんな注意点です。

BOMの有無で日本語が正しく表示されるか決まる

テキストファイルにはそのテキストファイルのエンコードを示すためにファイルの先頭に不可視文字としてバイトオーダーマーク(BOM)が付いていることがあります。

いろいろな歴史があるのですが、通常UTF-8ではこのBOMは付いていないのが普通です。

しかし、日本語入力の可能なほとんどのテキストエディタではUTF-8を選択するとBOMが付いている状態でファイルが保存されます。

このままサーバー環境に移してプログラムを実行すると、日本語が文字化けして読めない現象が起こります。

これを回避するためには、BOMを付けずにUTF-8エンコーディングで保存する必要があります。

 

UTF-8とUTF-8Nの違い

通常UTF-8ではBOMはないと言いましたが、テキストエディタのエンコーディングを見ると、UTF-8とUTF-8Nの2種類あることに気づきます。

特にTerapadなどを利用していれば見かけたことがあると思います。

この場合はUTF-8を選択するとBOM有りでファイルに出力され、UTF-8Nを選択するとBOM無しでファイルに出力されます。

UTF-8は基本的にBOMのない状態が普通なので、もしエンコーディングを確認してUTF-8Nがあれば、そちらを標準設定にしておくと、サーバー環境でつまずくことが少なくなるでしょう。

テキストエディタによっては、「バイト順マークなし」や「BOMなし」と記載されている場合もあります。

自分の使っているテキストエディタの標準設定を確認してみてください。

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

WordPressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

スポンサードリンク

関連記事

  1. トラブルシューティング

    Googleアカウントに不正アクセスされて勝手に決済された

    仕事をしていたら、Google Playと書かれている中国語のメールが…

  2. ウェブコーディング

    PHPで配列と文字列の変換をデータベースに応用する方法

    データベース検索などを利用するときに、$_POSTや$_GETで受け取…

  3. トラブルシューティング

    Googleの2段階認証でメールソフトが使えなくなった

    最近googleのアカウント乗っ取りが流行っているということで、2段階…

  4. ウェブコーディング

    WEB言語を手を動かして1から学べるサイト

    HTML・CSS・PHPなどのウェブ系の言語をどれくらい理解しているで…

  5. トラブルシューティング

    Androidでインストールボタンを押せないときの対処方法

    サードパーティ製のアプリをアップグレードしようと思って、アプリ本体をダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

カテゴリー

  ロゴマルシェ - LogoMarche   ボタンマルシェ - ButtonMarche
WordPressテーマ「ANGEL(TCD047)」
  1. グラフィックデザイン

    フォトレタッチ・グラフィックデザインの無料ソフト「GIMP」(≒Photosho…
  2. ブログ収益化

    脱初心者しませんか?Amazon・楽天のアフィリエイトを上手に活用するための予備…
  3. 素材

    無料でクオリティが高く、検索機能が利用できる画像素材サイト3選
  4. ブログ収益化

    月額100円から使える「ロリポップレンタルサーバー」
  5. ブログ収益化

    無料レポートスタンドの「メルぞう・Xam」を120%使い倒す方法
PAGE TOP