パソコンの話

アンインストールしたはずフォントが特定のソフトで表示されているときの対処法

メインで使用しているPCのフォントを整理した後のことです。

Windowsにインストールされていないはずのフォントが、inkscapeでは表示されているという不可解な状態になっていました。

フォントが存在していないはずなのに、inkscapeを開くとフォントが表示されているのです。

テキストオブジェクトにそのフォントを適応してみると、書体が変更できてしまうという優れもの?!でした。

ネット上の情報を元に、システムのフォントキャッシュを削除したり、inkscapeが利用しているフォントキャッシュを削除したり、セーフモードで起動してみたり、日本語の情報があるものは全て試しましたが、全部ダメでした。

最終的に自力で試行錯誤した結果、たまたま元に戻せたので、解決までの手順を記録しておきます。

アンインストールしたフォントファイルが残っている?

本当に盲点でした。

Windowsのフォントアンインストールで削除したフォントファイルが、フォントフォルダ内に残っていました。

2016-06-09_09h42_04_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

2016-06-09_10h12_17_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

FTPソフトでフォントフォルダを見たら・・・

2016-06-09_10h18_37_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

エクスプローラーがフォントファイルを表示していないだけで、データとしては存在しているってことです。

今回の現象は、残ったフォントファイルをinkscapeが読み込んだために起こってしまったようです。

2016-06-09_11h35_35_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

表示されたフォントファイルをFTPソフトで削除して・・・

2016-06-09_12h06_34_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

inkscapeを再起動すると・・・

2016-06-09_12h10_53_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

やってくれるじゃないですか!Microsoftさん!!

だからMacユーザーが増えるんですね・・・

私はこの現象を「MSゾンビフォント」と呼ぶことにします(笑)

MSゾンビフォントの出現条件

ゾンビフォントは同じフォントを、削除せずに2回以上インストールすると出現します。

その理由は、Windowsの謎の機能が関係しています。

すでにインストール済みのフォントを再度インストールしようとすると、フォントを「置換しますか?」と聞かれます。

2016-06-09_10h51_29_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

ここで「はい」を選んでインストールすると、新しいフォントファイルにはバージョン番号(「_0」など)が付加されて、フォントファイル内に残るようになります。

2016-06-09_10h53_12_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

やっかいなのが、バージョン番号付きのフォントファイルはアンインストール時に削除されないのです。

 

これがゾンビフォントの正体です。

しかも、バージョン番号とは名ばかりで、元のバージョンに戻すこともできません。

本当に謎の機能です。

まとめ

  • MSゾンビフォントは同じフォントを置き換えインストールすることで出現する
  • Windowsのエクスプローラでは見つけられない
  • FTPソフトなど、すべてのファイルを表示できるソフトを使って探す
  • 見つかったMSゾンビフォントを削除する

ゾンビフォントの存在を確認するには、Windowsのファイルエクスプローラーではなく、すべてのファイルを表示できるサードパーティ製のエクスプローラやFTPソフトを使います。

私は「FileZilla」というFTPソフトを利用しているので、FileZillaでWindowsのフォントフォルダを表示して確認しました。

→ フリーのFTPソフト「FileZilla」(SourceForge)

 

Windowsのエクスプローラーで開くと、消えている(アンインストールされている)ように見えても、

2016-06-09_10h12_17_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

FTPソフトで見ると、実際はフォントファイルが残っていることがわかります。

2016-06-09_10h18_37_存在しないはずのフォントがinkscapeで表示されているときの対処法

あとは、FTPソフト上でゾンビフォントを削除するだけで解決します。

<注>

フロップデザインさんのフォントを例に使わせていただきました。

今回の件とフロップデザインさんは全く関係がないので、誤解のないようにお願いします。

あとがき

後で調べてわかったのですが、MSゾンビフォントに関してはこちらの記事が参考になります。

→ Windows7のフォント上書きインストールはファイルを削除していない(はてな)

コマンドプロンプトが分かる人には、スマートな削除方法が掲載されています。

 

今回、フォントを整理してこんなトラブルに巻き込まれたわけですが、なぜフォントを整理したかというと、

→ フォント管理ソフトNo1に認定!【NexusFont】(eitch Design)

このソフトを使い始めてから、フォントをインストールして管理する必要がなくなったからです。

このNexusFontにフォントを登録して起動しておくと、一時インストールという状態になり、表示中のフォントがインストールせずに使えるようになります。

おかげさまで、パソコンの起動が軽くなりました。

 

フォント管理ソフトを導入してから、フォントパックの管理も楽になりました。

FONT x FAN HYBRID 3

このフォントパックは1万円を切る価格(私が購入したときは\8317でした)で、日本語書体を網羅しているので使いがってが良いです。

ただ・・・12526書体も入っていると、全部を使用しないにしても、Windowsのフォントフォルダでは管理しきれないです・・・

そこで、この中から使用するフォントだけを取り出して、NexusFontでタグ付けやグループ分けして、必要なときだけ使うという方法が実現できます。

これで基本的な画像制作には困りませんからね。

 

では今日はこの辺で。

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. パソコンの話

    Windows8.1からWindows10にアップグレードしてみた

    Windows10の無償アップグレードを予約していたのですが、アップグ…

  2. パソコンの話

    警告メッセージを吐き出してInkscapeが日本語表示されなくなったときの対処法

    inkscapeを日本語設定で利用していたのですが、突然、メニューバー…

  3. パソコンの話

    WindowsPCのファンクションキーの挙動を変える方法

    新たに購入したPCで文字入力したときに、でBIOSを起動することができ…

  4. パソコンの話

    Gmailアカウント1つで受信用メールアドレスを無限に増やす方法

    最近スマートフォンの普及にともなってGmailのアカウントを取得してい…

  5. パソコンの話

    Gmailでyahooメールを受信する方法

    前回はGmailのアカウントが一つあれば複数のメルアドを使用することが…

  6. パソコンの話

    Googleアカウントに不正アクセスされて勝手に決済された

    仕事をしていたら、Google Playと書かれている中国語のメールが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

カテゴリー

ピックアップ記事

ロゴマルシェ - LogoMarche   ボタンマルシェ - ButtonMarche  
  1. デザインの考え方的な話

    読みやすい明朝体フリーフォント
  2. 特集

    無料でクオリティが高く、検索機能が利用できる画像素材サイト3選
  3. 便利なツールの話

    フォトレタッチ・グラフィックデザインの無料ソフト「GIMP」(≒Photosho…
  4. ブログの収益化

    無料レポートスタンドの「メルぞう・Xam」を120%使い倒す方法
  5. ブログやサイトの作り方

    月額100円から使える「ロリポップレンタルサーバー」
PAGE TOP