グラフィックデザイン

自作?外注?その前にコレ!ブログのロゴデザインをするなら「Logaster」を使ってみて

ブログやサイトのロゴを作るときって時間的・金銭的に結構なコストがかかりますよね。

見栄えが良いロゴを作るにはある程度のデザインスキルを必要としますし、プロに依頼して作ってもらうとなると数万円単位で費用もかかってしまいます。

そこで、一つの解決策として「Logaster」というロゴジェネレーターを使う方法が結構おすすめです。

参考までにこんなロゴが一瞬でつくれます。

日本語もいい感じに出来上がります。

「Logaster」とは?

ロゴにしたい文字、たとえばブログの名前や会社名・サービス名を入力するだけで、ロゴを自動で作成してくれるジェネレーターサービスです。

Logaster | 777logos.com

海外のロゴ作成サービスですが、日本語にも対応しているので使い勝手は悪くないです。

出来上がったロゴのサンプルをベースに、エンブレムや色を変えたり、フォントを変えたりすることもできます。

ぐだぐだ言葉を並べるより、見てもらったほうがわかりやすいですね。

Logasterでロゴを作る

使い方は非常に簡単です。

トップページから「無料でお試し」か「ロゴを作成」をクリックします。
(トップページにいくつかバリエーションがあるようです)

「ロゴ作成ウィザード」というのが開くので、ロゴの情報を入力して「次へ」進みます。

ずらーっとロゴが生成されるので、良さそうなロゴを探しましょう。

本当にいくつあるのかわからないくらい作成されるので、フィーリングでスパッと決めたほうがいいです。

作成するロゴをクリックして「ロゴデザインの編集」をクリックします。

ロゴの編集

ロゴデザインの編集ではロゴのレイアウトとアイコンや文字の編集ができるようになります。

アイコンをクリックすると、アイコンの変更と色の変更ができます。

テキスト部分をクリックすると、フォントや色の変更ができます。

原型がわからなくなるほどの編集も可能ですが、編集をしなくても良ければそのまま「次へ」進んでください。

ロゴのダウンロード

編集が終わったら「次へ」をクリックして最終確認画面へ進みます。

他の色のバリエーションや印刷した時のサンプルが確認できます。

確認したサンプルで良ければ「保存」をクリックしてすすみます。

会員登録がまだの場合は、メールアドレスの登録画面が表示されるので、登録をします。

無料の会員登録なので、特に気にせず登録をしてOKです。

登録が済むとロゴのダウンロード画面に進みます。

一部無料でロゴを利用できるので、まずは無料のロゴをダウンロードしましょう。

ZIPファイルを解凍すると無料のロゴを見ることができます。

右の方に小さく「logaster.com」と入っていますが、購入したものにはこのクレジット表記は入りません。

ロゴを購入する場合の選び方

実際に出来上がったロゴを利用したい場合は購入することになるのですが、購入のバリエーションがいくつかあってちょっとわかりにくいのが難点です。

自分が使う範囲のものを購入すれば良いので、まずは利用目的をはっきりさせておきましょう。

以下、目的別にどれを購入するかの判断材料にしてください。

ブログやサイトのロゴとして利用したい

単純にWEBページでのブランディングに使用したいのであれば【1024ピクセル スクリーン用 (png, jpeg)】を購入すれば問題ないでしょう。

普通のブログやサイトでロゴとして利用するだけならこの大きさで充分なはずです。

ほとんどのブログではロゴのサイズは300pxくらいなので。

もし大きさに不安があるなら一つ大きい【5000ピクセル スクリーン用 (png, jpeg)】を購入しましょう。

ブログやサイトはもちろん印刷物にもロゴを使いたい

ブログやサイト以外で印刷物にも利用したい場合は印刷向きのベクターデータ(SVGやPDF)を購入しておいたほうがいいですね。

この場合は【プリントおよびスクリーン用 (svg, pdf, png, jpeg)】を購入することになります。

「スクリーン用」となっているデータに含まれている「png形式」や「jpeg形式」はラスターデータと言って、印刷したときに荒くなってしまうので、解像度が高くてもあまりオススメしません。

印刷用に使用するなら、拡大しても荒くならないSVGやPDFのベクターデータを購入しておきましょう。

SVGやPDFは汎用性が高いので、inkscape、Illustratorなどのソフトで編集することも可能です。

文書の雛形や名刺もロゴと一緒に作ってしまいたい

この場合は「ブランドセット」というロゴが入った名刺・封筒・レターヘッド/FAX送付用デザインも一緒に購入できるプランがおすすめです。

法人として活動するなら、請求書や納品書なども必要になるでしょうし、名刺などのデザインも個別にすると高く付きますからね。

こういう印刷用のフォーマットもデザインされるので、かなりお得だと思います。

【プリントおよびスクリーン用 (svg, pdf, png, jpeg)】が含まれているので、ブログやサイトでのロゴの利用もカバーできています。

名刺などのデザインはロゴのダウンロードページにプレビューがあるので確認してから購入を決めてくださいね。

選び方はだいたいこんなところです。

最大でも約3500円($29.99)なので、プロに依頼して作成するよりはコスト面がグッド!ですね。

個人的には「ブランドセット」もしくは【プリントおよびスクリーン用 (svg, pdf, png, jpeg)】のどちらかを購入しておくのが無難だと思います。

Logasterのまとめ

  1. 数え切れないほどのパターンの中からお気に入りのロゴを作成できる
  2. 無料のロゴは小さいサイズ(横243px)で「Logaster.com」のクレジット表記が入る
  3. 有料で購入するときは用途に合わせて最適なものを選ぶ
  4. 無難なのは「ブランドセット」or【プリントおよびスクリーン用 (svg, pdf, png, jpeg)】

単純にロゴとして購入しても価格が約1200円($9.99)なので、使わなくなってもそれほど痛い出費ではないですね。

ロゴで悩んでいるなら、ぜひ一度試してみてください。

⇒ Logaster | 777logos.com

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

WordPressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

スポンサードリンク

関連記事

  1. グラフィックデザイン

    GIMPで木目に合わせてかすれた文字を表現する方法

    GIMPで木目に合わせて擦れたような文字を書く方法のチュートリアルです…

  2. グラフィックデザイン

    inkscapeで「冷えてます。」POPをつくってみたのでデータ配布します

    ちょっと仕事で使うことになったので試しにPOP作成をinkscapeで…

  3. グラフィックデザイン

    inkscapeのタイルクローンでドットパターンを作る手順

    inkscapeを勉強し始めたとき、ドットパターンをinkscapeで…

  4. グラフィックデザイン

    inkscapeを使って集中線・放射線を思い通りの仕上がりに

    グラフィックソフトの場合、手で描くのとは違って、機能とその結果が結びつ…

  5. グラフィックデザイン

    inkscapeで立体的な文字の作り方(テキストと押し出しの組み合わせ技)

    飛び出てくるようなテキストのロゴを作る方法をまとめてみました。今回…

  6. グラフィックデザイン

    デザインの中で「線」が果たす役割を考えてみよう

    1つのデザインの中で「線」がどんな役割をはたすのか?についてのお話です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

カテゴリー

  ロゴマルシェ - LogoMarche   ボタンマルシェ - ButtonMarche
  1. 素材

    無料でクオリティが高く、検索機能が利用できる画像素材サイト3選
  2. ブログ収益化

    脱初心者しませんか?Amazon・楽天のアフィリエイトを上手に活用するための予備…
  3. ブログ収益化

    月額100円から使える「ロリポップレンタルサーバー」
  4. ブログ収益化

    無料レポートスタンドの「メルぞう・Xam」を120%使い倒す方法
  5. グラフィックデザイン

    フォトレタッチ・グラフィックデザインの無料ソフト「GIMP」(≒Photosho…
PAGE TOP