Inkscapeのマニュアル本を出版しました。
CATEGORY

ウェブコーディング

ウェブで使うコードの話。WordPressをベースにHTMLとかCSS、PHPとか。

  • 2021年8月15日

5分でできる【InstantWP】でWordPressのローカル環境を構築する手順

WordPressのローカル環境とは、サーバーにあるWordPressの本体ファイルやデータベースを自分のPC上に設置して、動作テストができる環境のことをいいます。 ちょっとしたカスタマイズでも、間違ってページが真っ白になってしまうこともあるので、ローカル環境を用意しておくのは重要です。 そんなローカル環境を、面倒な設定なしで、5分でやってしまおうというのが今回の趣旨です。 普通は、ローカルサーバ […]

  • 2020年12月12日

WordPressでも簡単に使えるってほんと?会話風吹き出しのCSSテンプレート

会話風吹き出しのテンプレートとして使えるCSSを作ってみました。 会話風吹き出しのデザインは一見難しそうに見えるのですが、要点さえ抑えてしまえば誰でも簡単に作ることができます。 例えば・・・ ブログの中で会話してるみたいな吹き出しが作りたいんだよね。 うんうん!LINEみたいな会話調のブログって読みやすいよね。 CSSでできるみたいなんだけど、結構難しそうなんだよね・・・ それが、実はそんなに難し […]

  • 2020年12月13日

混乱してない?CSSレイアウト【position: absolute】を最短で理解するための2つのポイント

 positionを使うとfloatやmarginを駆使してレイアウトを設定するより簡単に設定できてしまうのですが、1つ難しいところがありますね。 そう。 【position: absolute;】で配置を設定するときの基準がわかりにくいのです。 大体は疑似要素(after、before)と一緒に使われていたりするので、結構理解に苦しむ部分です。 今回はそんな【position: absolute […]

  • 2020年12月13日

プラグイン不要!2ステップで完了!「FontAwesome」をWordPressに導入してアイコンを使えるようにする方法

ブログのカスタマイズをするとき、必要なアイコンをいちいち画像化して、フォルダにアップロードするのは手間ですね。 そんなときは「Font Awesome」というアイコンを文字(フォント)として利用できるサービスを導入すると便利です。 例えば、箇条書き(リスト)の頭出しに「」を利用するということもできます。 導入の手順:2ステップでサクッと導入 「Font Awesome」からウェブフォントの埋め込み […]

  • 2020年12月13日

AdSenseのモバイル向けページ単位の広告をWordPressに設置する方法

AdSenseにモバイル用のページ単位の広告という機能が追加されてしばらく経ちましたが、導入しているブログをあまり見かけないですね。 ↓こういうやつです。 理由は色々あるかと思いますが、WordPressでの導入方法がわからないからという理由で諦めている人もいるかと思います。 私自身、最初はよくわかっていない状態だったので、導入を見送っていたのですが、安全に導入する方法を見つけたのでご紹介しておき […]

  • 2020年12月13日

子テーマを使ってWordPressを自由にカスタマイズしちゃいましょう

WordPressをカスタマイズするときに使うと便利なのが「子テーマ」です。 子テーマとはベースとなるテーマのCSSやPHPファイルを引き継いで、部分的にカスタマイズを反映させるためのテーマのコピーのことだと思うとわかりやすいかと思います。 子テーマを作っておくと オリジナルのテーマを壊してしまう心配がない 必要な箇所の記述だけを加えればOK とすごく便利です。 また親テーマのアップデートがあって […]

  • 2020年12月13日

WordPressの子テーマを作るときのひな型テンプレートがあるんですが…

WordPressのカスタムをするときは子テーマを使った方が効率的で、もとのテーマを傷つけることもないです。 子テーマ自体は簡単な構造なのでその都度、調べて作るというのもいいのですが、それも面倒だなと思って、必要な箇所を抜粋して使いまわせる子テーマのテンプレートを作ってみました。 結構前に作ったものなのですが、自分でもいまだに使っています。 子テーマのフォーマットをいちいち調べ直さなくても良いので […]

  • 2017年9月25日

InstantWPで管理バーが表示されなくなったらどうする?

InstantWPはローカル環境でWordPressの開発をするときに便利なのですが、思わぬところに落とし穴があったので紹介しておきます。 InstantWPのデフォルト状態が本番サーバーの環境とはやや違っていたことが原因でした。 具体的にはこんな症状でした 管理者でログインすると、ページを表示したときに一番上に管理バー(アドミンバー)が表示されるはずなのですが、 気づいたら表示されなくなっていま […]

  • 2020年12月13日

意外と重要なCSSのidとclassを使い分け

WordPressテーマを作ったり、ホームページを作ったりするとき、間違いなく登場するのはCSS(カスケードスタイルシート)です。 CSSはホームページやブログのデザインを設定しますが、IDでもclassでもCSS上は全く同じようにビジュアルを設定できてしまいます。 ですが、この2つには明確に違いがあるので、正しく使い分ける必要があります。

  • 2016年9月27日

CSSのfloatを使ってリキッドレイアウトを組んでみた

先日ふと思い立って、一からWEBサイトをデザインし始めることにしたのですが、一からと言うのはなかなか難しいですね。 基本も忘れかけていたのでちょっとずつメモしていこうと思います。 私自身リキッドレイアウトやレスポンシブ対応など、ちゃんと勉強したことがありませんでした。 ですから、HTMLとCSSは読めば分かる程度の知識しかありません。 同じレベルの人には調度よい難易度?かもしれません。

  • 2020年12月13日

WordPressのテーマ・テンプレートのディレクトリを取得する方法

WordPressのカスタマイズをするとき、親テーマと子テーマのどちらのディレクトリを参照するかが問題になることがあります。 faviconなどの共通ファイルなどは親テーマフォルダ内にあることが多いので、PHPの書き換えが必要になったりします。 これを、header.phpなどの一般的なテンプレートファイルを変更するだけで、子テーマフォルダ内のファイルを参照できるようにするのが今回の目的です。

  • 2017年10月9日

PHPで配列と文字列の変換をデータベースに応用する方法

データベース検索などを利用するときに、$_POSTや$_GETで受け取った文字列を配列に変換してデータベース関数に渡す処理をする場面はよくあります。 そんな処理を実行するには・・・ というメモ書きです。 implode、explodeで文字列⇔配列 implode()は配列の各要素を任意の文字列でつなげた文字列を生成する関数です。 implode ( string $glue , array $p […]

  • 2017年11月27日

PHPでデータベースから取得した配列を加工する方法

データベースからデータをfetch関数などで取得すると、大体は2次元配列の構造になっています。 この2次元配列の構造から特定データを利用するときに意外と苦戦するので、まとめ書きをしておこうと思います。 データベースから得られる配列の構造 PHPでデータベース操作をする場合に一番多く使われているのはPDOクラスの汎用データベース関数群だと思います。 PDOクラスを利用してデータベースからデータを取得 […]

  • 2017年8月19日

NetBeansでSQliteのドライバーを有効にするプラグイン

PHPなどのwebアプリケーションを作成できるNetBeansですが、軽量データベースのSQliteへ接続するためのドライバーは標準で搭載されていません。 ここではNetBeansのプラグインを使って、SQliteに接続するための方法を紹介します。

  • 2017年9月25日

PHPなどのプログラムコードをUTF-8で保存するときの注意点

サーバーで実行されるPHPやJavascriptなどをテキストエディタで作成するとき、テキストのエンコードはUTF-8でなければいけないというのは当然です。 ただし、日本語を含めたコードを作成するときは単にUTF-8であればいいかというと、そういうわけではありません。 今回はそんな注意点です。

  • 2017年10月9日

WordPressの記事内でPHPを実行した結果を表示する方法

WordPressの記事内でPHPを実行できると、記事に表示できるコンテンツの幅が増えます。 今回はPHPソースコードの実行例を記事内に表示する方法をまとめました。 記事内でPHPが実行できることによるリスク はじめに今回の方法を取ることによるサイトのリスクをちょっとだけ。 まず、記事内でPHPを実行する方法には3つあります。 プラグインを使う(Exec-PHP、runPHP) functions […]