Inkscapeのマニュアル本を出版しました。

inkscapeで「フチ文字」を作る方法2つ+ちょっとした応用

以前、問い合わせがあったinkscapeで「フチ文字」を作る方法を紹介します。

文字の周りを縁取るので「フチ文字」と言われています。「囲み文字」とは意味が違うので、調べるときは「フチ文字」で検索をしましょう。

inkscapeでは「フチ文字」の作り方は2つあります。最終的に出来上がるものが違うので、完成図から自分が使いたい方で作成してみてください。では始めていきます。

PR

フィル/ストロークを使った「フチ文字」

テキストツールで作成した文字のストロークを設定することで簡単に縁文字を作ることができます。

テキストの作成

テキストツールで文字を入力します。

 

ストロークを設定

[shift]を押しながら、カラーパレットの色をクリックしてストロークを追加します。
ここまででフチ文字が作成できました。

 

ストロークのスタイルを開く

フィルストロークダイアログのストロークのスタイルを開きます。

 

ストローク幅を調整する

ストローク幅を調整します。
「幅:2.5px」に変更して縁取りを広くしました。

 

重なりを変更

フィルとストロークの重なり方を選択します。
「Stroke, Fill, Markers」をクリックしてストロークの上にフィルが配置されるようにしました。

 

パスのオフセットを使った「フチ文字」

テキストをパスへ変換し、オフセットを使って膨張させたものを「フチ」として使う方法です。
あとから変更が難しいのですが、ストロークの設定だけではできなかったフチ文字が作れます。

テキストを2つ用意する

テキストを作成し、コピーして、全く同じテキストを2つ用意します。

 

テキストをパスへ

片方のテキストを選択し、[パス]メニューから[オブジェクトをパスへ]を実行して、テキストをパスへ変換します。

 

パスを結合

テキストをパスへ変換すると、1文字ずつのパスがグループ化された状態になります。このままでは1つのパスとしてテキストを扱えないので、[パス]メニューから[結合]を実行して、1つのパスに結合します。

 

ダイナミックオフセットを設定

更に選択したまま、[パス]メニューから[ダイナミックオフセット]を設定します。
設定されると、オフセット用のハンドルが表示されます。

 

オフセットする

ハンドルをドラッグすると、テキストがオフセットされます。

 

中心をあわせて重ねる

オフセットしたパスに色を付け、テキストとパスを両方選択します。
[整列と配置]を開き、水平垂直の中心を合わせます。

これでフチ文字が完成しました。

 

2重の「フチ文字」の作り方

オフセットとストロークを利用すると、2重縁取りをすることができます。
組み合わせることでフチ文字の色々なバリエーションを作ることができます。

テキストとパスを準備をする

オフセットで作ったパス、テキストの2つを用意します。

 

オフセットにストロークをつける

オフセットしたパスにストロークを設定します。
水平垂直に中央揃えをすると、2重の縁取りができます。

 

ストロークやオフセットを使うと様々な縁取りができます。
テキストに限らず、いろいろなオブジェクトで同じように縁取りができるので、ぜひお試しください。

では今日はこのあたりで。

関連記事

このブログ内でのでinkscapeに関する記事をまとめてみました。 意外と掘り出し物の情報があるかもしれませんよ。 チュートリアル集 チュートリアル編では1つの制作物に仕上がるまでの工程をまとめてあります。 基本機能をまんべんなく、[…]

PR
最新情報をチェックしよう!