ウェブコーディング

NetBeansでSQliteのドライバーを有効にするプラグイン

PHPなどのwebアプリケーションを作成できるNetBeansですが、軽量データベースのSQliteへ接続するためのドライバーは標準で搭載されていません。

ここではNetBeansのプラグインを使って、SQliteに接続するための方法を紹介します。

プラグインの取得

NetBeansの公式ページ内の「SQlite JDBC driver」のプラグインページヘアクセスします。

NetBeans SQlite JDBC driver plugin

⇒ http://plugins.netbeans.org/plugin/16018/sqlite-jdbc-driver

 

右側タブで自分の使っているNetBeansバージョンに適したものを選択して、「Download」をクリックします。

プラグインを保存するダイアログが表示されるので、自分の管理しやすいフォルダー内に保存します。

私の場合はWindowsなので、ユーザーフォルダ内にNetBeansのプラグイン用のフォルダを作成して保存しました。

NetBeansにプラグインをインストールする

ダウンロードしたプラグインファイルをNetBeansにインストールするには、NetBeansを開いて[ツール]から[プラグイン]を開きます。

bandicam 2015-04-04 20-42-45-850

 

プラグインのウィンドウが表示されたら、「ダウンロード済み」のタブを開いて、「プラグインの追加」をクリックします。

bandicam 2015-04-04 20-43-53-450

 

ファイルを選択するウィンドウが表示されるので、先ほど保存した「SQlite JDBC driver」のプラグインを選択して、開きます。

bandicam 2015-04-04 20-44-03-818

 

インストールがされると、「NetBeansを再起動しますか?」と聞かれるので、すべてのファイルを保存して、再起動します。

もう一度NetBeansが起動したら、「SQlite JDBC driver」が使えるようになっています。

 

SQLiteデータベースへの接続

初めにデータベース本体となるDBファイルを作成します。

プロジェクトを開いて、新規作成をクリックします。

bandicam 2015-04-05 00-42-56-872

 

新規ファイルのカテゴリを「その他」にして、ファイル・タイプを「空のファイル」を選択して、「次へ」をします。

bandicam 2015-04-05 00-43-32-918

 

ファイル名に拡張子「.db」をつけて、ファイルの保存場所をコピーして「終了」をします。

ファイルの保存場所は後で接続するときに使いますので、コピーしておいて下さい。

bandicam 2015-04-05 00-44-13-663

 

作成したdbファイルに接続をしていきます。

NetBeansのメイン画面横のタブから「サービス」を選択して、「データベース」のところで右クリックし、「新規接続」を選びます。

bandicam 2015-04-05 00-46-13-162

 

新規接続ウィザードのドライバのプルダウンメニューから「SQLite」を選択して「次へ」進みます。

ドライバファイルは自動的に変わるので、そのままでOKです。

bandicam 2015-04-05 00-46-35-904

 

ユーザー名・パスワードに好きな語句を入力し、「JDBC URL」の<FILE>の部分を先ほどコピーしたデータベースファイルのパスに置き換えて、「接続をテスト」します。

の部分を下記のように置き換えます。

bandicam 2015-04-05 00-48-29-233

 

左下に「接続に成功しました」と表示されれば「次へ」進みます。

「失敗」の表記があったら、接続先のデータベースファイルのパスが間違っているなどが原因なので、もう一度パスを確認して下さい。

bandicam 2015-04-05 00-48-39-204

 

最後に接続名に名前をつけることができます。

[](ブレース)で囲まれたところに任意の名前をつけて「終了」します。

bandicam 2015-04-05 00-49-37-924

 

サービスタブのデータベースの中に作成した「SQLiteテスト」が表示されています。

bandicam 2015-04-05 00-50-23-483

 

SQLiteデータベースの実態は1つのファイルです。

WordPressのような大規模なWebアプリケーションを開発するなどには向いていませんが、それほど大きなデータを扱わないのであればオススメの軽量データベースです。

今回は簡単なWebアプリケーション用に導入してみました。

 

余談ですが。。。

ロリポップレンタルサーバーのエコノミーポプランは月額100円とお手頃ですが、mySQLのデータベースを利用することができませんが、今回の方法のように、SQLiteをデータベースとして利用すればコロリポプランでもWordPressを使うことができます。

SQLiteにはこういった使い方もありますので、試してみたい方は下記リンクからどうぞ。

⇒ ロリポップ!レンタルサーバー

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

関連記事

  1. ウェブコーディング

    WEB言語を手を動かして1から学べるサイト

    HTML・CSS・PHPなどのウェブ系の言語をどれくらい理解しているで…

  2. ウェブコーディング

    InstantWPで管理バーが表示されなくなったらどうする?

    InstantWPはローカル環境でWordPressの開発をするときに…

  3. ウェブコーディング

    子テーマを使ってWordPressを自由にカスタマイズしちゃいましょう

    WordPressをカスタマイズするときに使うと便利なのが「子テーマ」…

  4. ウェブコーディング

    意外と重要なCSSのidとclassを使い分け

    WordPressテーマを作ったり、ホームページを作ったりするとき、間…

  5. ウェブコーディング

    WordPressでも簡単に使えるってほんと?会話風吹き出しのCSSテンプレート

    会話風吹き出しのテンプレートとして使えるCSSを作ってみました。会…

  6. ウェブコーディング

    WordPressのテーマ・テンプレートのディレクトリを取得する方法

    WordPressのカスタマイズをするとき、親テーマと子テーマのどちら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリー

ピックアップ記事

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」   ロゴマルシェ - LogoMarche   ボタンマルシェ - ButtonMarche  
  1. 特集

    無料でクオリティが高く、検索機能が利用できる画像素材サイト3選
  2. 特集

    inkscapeの使い方を集めたスキルアップのための日本語チュートリアル集
  3. ブログやサイトの作り方

    月額100円から使える「ロリポップレンタルサーバー」
  4. ブログやサイトの作り方

    TCDテーマ比較「CUBEY」と「BlogPress」どっちがいい?
  5. グラフィックデザイン

    自作?外注?その前にコレ!ブログのロゴデザインをするなら「Logaster」を使…
PAGE TOP