関連記事を表示するWordPressプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)」

ブログやサイトの作り方

WordPressの関連記事というと、タグやカテゴリーから関連性を決めて表示するテーマが多いのですが、このプラグインは記事の内容まで判断して関連記事として表示してくれます。

本質的に関連度が高い記事が表示されるので、ブログ内のページビューを増やすことにつなげることができます。

YARPPインストール

プラグインの新規追加から「YARPP」と入力して検索します。

YARPP_インストールpost

すると上の方に表示されるので「インストール」をクリックしてインストールします。

インストールされたら有効化をします。

これでインストールは完了です。

YARPPの基本設定

インストールされたら設定をしていきます。

この設定をすることで精度の高い関連記事を表示させることができます。

管理画面の設定から「YARPP」を選択して進めていきましょう。

YARPPデータベース利用設定

設定画面に入ると、最初にこんなお知らせが表示されています。

yarrp設定_詳細

ここに書かれていることはこんな感じです。

「タイトルを検討する」「本文を検討する」の設定は現在無効になっています。

記事の関連度を決めるとき、記事タイトルや記事本文を考慮するように設定するためには、「wp_posts」テーブルのデータベースエンジンが「MyISAM」になっていなければいけません。

以下の通り作業を行ってください。

1.MySQLで次のSQLコードを実行することにより、「wp_posts」テーブルのデータベースエンジンを「MyISAM」に変換します:

ALTER TABLE `wp3_posts` ENGINE = MyISAM;

2.「wp_posts」テーブルが「MyISAM」エンジンに変換されたら、フルテキストインデックスを作成するために、以下のボタンをクリックします。

データベースの変更する前に、データベースのバックアップを行ってください。

この通り実行できるくらいWordPressやデータベースを理解している方はいいのですが、僕のようによくわからないという人は先人に学ぶべきです。

というわけで、何をすればいいかだけを記載しておきます。

まず、WordPressで利用しているデータベースにアクセスします。

普通はレンタルサーバーの管理画面からアクセスできます。

ロリポップ_管理画面_WEBツールpost

作成したデータベース一覧から、WordPressに利用しているデータベースを選択してログインします。

ロリポップ_管理画面_データベース一覧post

ログイン画面が表示されるので、データベース作成時に設定した情報でログインします。

ログインしたらWordPressで利用しているデータベースを選択して、「wp_posts」→「操作」→「MyISAM」→「実行する」の順でクリックしていきます。

YARPP_データベースエンジン設定post

完了画面が表示されればデータベース設定は終わりです。

次にYARPPの設定画面に戻って、「Create fulltext indexes」のボタンを押します。

yarrp設定_詳細クリックpost

これで完全な関連記事表示ができるようになります。

YARPP関連記事のフィルター設定

一番最初は表示するカテゴリーやタグの設定です。

YARPP_設定_カテゴリータグpost

関連記事として表示したくないタグやカテゴリーを選択します。

すべて関連記事として表示してもOKな場合は何もする必要はありません。

過去記事をどこまで表示するかも設定できます。

情報の変化の多いブログであれば、期間を設定してチェックを入れるだけです。

YARPP関連スコア設定

YARPPでは記事ごとに関連度を点数化して、その点数が高いものから順に関連記事として表示させます。

スコア設定では関連度をどのように決めるか、関連度がどの程度以上なら表示するかなどを設定します。

先に「データベース利用設定」を済ませてからお読みください。

YARPP_設定_関連スコアpost

このプラグインはタイトルや記事本文の関連度が売りのプラグインなので、タイトルと内容の欄を「検討する」に設定していないとあまり意味がありません。

そのためにこの記事の上の方で説明している「データベースの利用設定」を行ってから設定をすることをオススメします。

データベース利用設定を済ませると、タイトル・内容を「検討する」に変更することができます。

この設定を行わないと、関連度がタグとカテゴリーのみで決定されるので、スコアがほとんど2になってしまい、関連記事が役に立たなくなってしまいます。

YARPP関連記事の表示設定

YARPP_設定_表示設定post

関連記事を表示させる投稿タイプを始めに選択します。

デフォルトは「投稿」のみチェックが付いていると思います。

この場合は、投稿ページの記事が終わった直後に関連記事が表示されます。

関連記事の表示方法は「リスト」の場合リスト形式、「サムネイル」の場合はアイキャッチ画像を並べた表示になります。

YRAPP_リスト表示YARPP_カテゴリー表示

 

関連記事のタイトル部分はYARPPの表示設定の詳細設定から変更できます。

YARPP_リスト表示_詳細設定post

「Related posts:」の部分を「関連記事」や「こんな記事も読まれています」などに変更すると、関連記事のタイトル部分に反映されます。

サムネイル表示の場合も同じように変更すると、関連記事タイトル部分が変更できます。

YARPP_サムネイル表示_詳細設定post

 

最後に「カスタム」と言う設定があるのですが、これはテンプレートファイルを利用してカスタマイズされた関連記事を表示する設定です。

テンプレートの用意が必要で、ある程度WordPressの仕組みを理解する必要があります。

詳細は別記事で紹介しようと思います。

tipLog

tipLog

inkscape・GIMPを使ったデザインお勉強ブログ。WordPressなどのウェブ関連のお勉強もしています。2019年6月にInkscapeの書籍を出版しました。 現在は個人事業主向けのホームページやブログ導入のお手伝いをしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


tipLog

tipLog

inkscape・GIMPを使ったデザインお勉強ブログ。WordPressなどのウェブ関連のお勉強もしています。2019年6月にInkscapeの書籍を出版しました。 現在は個人事業主向けのホームページやブログ導入のお手伝いをしています。

Inkscapeの入門書

ランキング

  1. inkscapeで取り込んだJPGやPNG画像をトリミングをする方法

  2. inkscapeで「フチ文字」を作る方法2つ+ちょっとした応用

  3. inkscapeの基本機能だけで矢印を描く方法

  4. PHPでデータベースから取得した配列を加工する方法

  5. 超簡単!inkscapeで直角三角形を作る方法

  6. inkscapeの使い方を集めたスキルアップのための日本語チュートリアル集

  7. inkscapeの「整列と配置」でオブジェクトを綺麗に並べて表を作る方法

inkscapeを学ぶ

TOP