素材

inkscapeで取り込んだJPGやPNG画像をトリミングをする方法

inkscapeでフライヤーや店舗のメニューを作りたいと思ったらトリミング機能は欠かせない機能ですね。

ただ四角形に切り取ったりすることもトリミングですが、メニューを作ったりするなら

「被写体の輪郭に沿ってきれいに切り抜きたい!」

ということもありますね。

inkscapeのようなパスの編集ができるグラフィックツールでは被写体を細かく切り抜いて、背景をごっそり消してしまうということもできます。

今回はそんなトリミングの技術をまとめてみました。

四角形に切り取る基本のトリミング方法

まずは基本的なトリミングの流れを押さえておきましょう。

今回は写真の一部を四角形にトリミングする方法で流れを説明していきます。

beach-1757994_1280

画像の読み込み

inkscapeを開いて、画像をドラッグアンドドロップで画像を読み込むことができます。

2016-10-29_20h58_05_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

途中に読み込み方式を聞かれますので、

2016-10-29_20h55_29_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

インポート形式を「読み込み」にしておきましょう。

「リンク」を選ぶと、画像ファイルを別のフォルダに移動したときにエラーになってしまうので、ちょっと注意ポイントですね。

トリミングする範囲を設定する

画像を読み込んだら、早速切り取りたい部分に矩形を作ります。

2016-10-29_21h14_13_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

この矩形の部分がトリミングされるので、構図を決めてしっかり配置しておきます。

不透明度を50に設定しておくと、範囲の設定がやりやすいかな?と思います。

クリップ機能でトリミングする

トリミングするには、選択ツールに切り替えて、元の画像と矩形を選択状態にします。

2016-10-29_21h22_48_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

[Shift]キーを押しながらクリックで同時に選択状態にすることができます。

他の画像やオブジェクトが混ざっていると、うまくトリミングできないこともあるので、画像と矩形の2つだけが選ばれているかも気をつけましょう。

2つとも選択したら、[オブジェクト]→[クリップ]→[設定]からクリップを設定すると・・・

2016-10-29_21h29_06_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

トリミングされます。

クリップは背面にある画像やオブジェクトを、前面にあるオブジェクトでくり抜く機能です。

これがトリミングの基本的な流れになります。

この流れの中でトリミングの範囲を上手に設定すると、次の輪郭に沿ったトリミングもかんたんにできます。

輪郭に沿ってトリミングをする方法

画像を読み込んだり、クリップ設定するところは同じで、トリミングの範囲を設定するところをちょっと工夫してあげます。

この方法では写真の中のコーヒーカップをトリミングして、背景をごっそり消してしまうということができます。

cappuccino-756490_1920

inkscapeのトレース機能で複雑な図形を一瞬でトレースする

ちょっとした工夫というのが、inkscapeのビットマップトレース機能です。

複雑な輪郭を一瞬でパスにするにはこの方法が一番簡単なので、ぜひ使ってみてください。

2016-10-30_17h41_46_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

トレースを開くと、ライブプレビューを見れるようになっています。

この中の黒くなっている部分が、トレースで生成されるパスになります。

白黒が逆転している場合は「画像を反転」にチェックを入れるとうまくいくと思います。

背景がシンプルな場合は、色の量子化で色数を3色ぐらいにすると比較的きれいに輪郭を抽出してくれます。

その他の明るさやエッジ検出を使うかどうかは、ライブプレビューを見ながら決めてもいいと思います。

ペンツールのような図形描画ツールでトレースしてもいいのですが、パスを作ることに時間がかかるので、あまりおすすめではないですね。

トレースしてできたパスを編集する

トレースすると、対象物の輪郭に沿ったパスが出来上がりますが・・・

2016-10-30_17h54_07_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

元の写真の背景と近い色や明るさの部分があると、その部分は輪郭として認識されてしまいます。

これをパスツールで修正していきます。

2016-10-30_18h04_34_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

パスツールで範囲選択をして[delete]キーで消去します。

基本的に輪郭線以外は必要ないので、内側にあるノードをガンガン消していきます。

2016-10-30_18h09_27_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

これを繰り返して、内側にある不要なノードを全部取り去ります。

2016-10-30_18h15_10_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

切り抜きたい範囲が全てパスで囲まれた状態になるまで、ノードを消したらOKです。

ここまでできたら、あとは基本の流れのとおりにクリップ機能でトリミングをして完成です。

2016-10-30_18h22_02_inkscape_%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95

あとがき

inkscapeのようにパス操作が簡単なドローツールなら、輪郭抽出もあっという間です。

こういうビットマップの操作はGIMPを使っていたこともあるのですが、inkscapeをメインに使用しているならinkscapeだけで完成できる方が簡単です。

例えばメニュー表を作ったり、フライヤーに写真を使ったりという作業ならinkscapeの得意分野なので重宝すると思います。

あとは単純に、トリミングは色んな用途で使うことができるので、覚えておくととても便利です。

では今回はこのあたりで。

 

inkscape関連のまとめ

このブログで紹介しているinkscapeの記事をまとめました。

他のチュートリアルもぜひ参考にしてください。

 

記事が気に入ったら
tipLog を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

tipLog

WordPressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

スポンサードリンク

関連記事

  1. チュートリアル

    デモ映像付き!GIMPで文字が読みやすい背景画像の作り方

    パワポのスライドやPDFの背景として写真を使うときに気をつけたいことを…

  2. 素材

    アイコンの基本は抽象化!特徴を見つけて基本図形に落としこむ方法

    作りたいアイコンやロゴがあるときに、なかなかアイデアが浮かばないという…

  3. リファレンス

    inkscape テキストツールの基本操作をマスターしよう【映像あり】

    inkscapeは無料だけど使い方がよくわからないという声を聞きます。…

  4. 素材

    手作業は最小限で!inkscapeで「カラフルなドットパターン」の作り方【SVG/PNGサンプルあり…

    「ドットパターンを作る」って聞いて、難しく感じる人が多いような気がする…

  5. 素材

    無料でクオリティが高く、検索機能が利用できる画像素材サイト3選

    デザイナーやクリエイターでなくても、クオリティの高い写真やイラストを使…

  6. リファレンス

    inkscape 星形・多角形ツールの基本操作をマスターしよう【映像あり】

    星形・多角形ツールの基本操作を紹介していきます。まずはデモ動画で全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

ピックアップ記事

おすすめの本

使用している素材

カテゴリー

 
PAGE TOP