inkscapeの「整列と配置」でオブジェクトを綺麗に並べて表を作る方法

グラフィックデザイン

inkscapeには整列と配置を調整するための機能があります。

この機能を使うと3つ以上のオブジェクトを等間隔に配置したり、オブジェクトの中心を合わせて新たな画像を作成することもできます。

簡単なものだと、正方形や長方形を組み合わせた表を作ることができます。

今回は「整列と配置」の機能を使って、四角形を並べた表を作る方法を紹介します。

整列と配置で表を作成する

表を作るには、はじめに矩形(四角形)を作ります。

はじめに一つだけ矩形を作成して、コピーペーストで矩形を並べます。
entry10_inkscape02

選択ツールで選択した後に[Ctrl+C]でコピーして、[Ctrl+V]で貼付けをすると同じ矩形を複製できます。

大雑把でいいので、複製した矩形を表の1行目の形に並べておきます。

並べるときは少し重なるようにしておきます。

 

次に選択ツールを使って全ての矩形を囲み、選択した状態にします。

entry10_inkscape03

ここで、「整列と配置」ダイアログを開いておきます。(Ctrl+Shift+A)

これに整列と配置の「水平軸にあわせる」を適応します。

entry10_inkscape04

画面では正方形の位置が水平(横)位置で揃います。

entry10_inkscape05

次に「整列と配置」ダイアログの「重なりを除去」の数値を縦横どちらも0に設定してクリックします。

entry10_inkscape06

重なっていた部分がなくなり、隙間なく並べることができました。

entry10_inkscape07

1行の表を作ることができたので、これをグループ化して複製すると表を作ることができます。

グループ化するには4つの正方形を選択した状態で、[オブジェクト]→[グループ化]をクリックします。

entry10_inkscape08

グループ化のショートカットキーは[Ctrl+G]

グループ化した1行の矩形を元に5行の表を作りたいときは、最初の方法と同じようにコピーペーストで、ある程度重なるように下側に並べておきます。

entry10_inkscape09

これを全て選択ツールで選択して、今度は「整列と配置」で「垂直軸にあわせる」をクリックします。

entry10_inkscape10

正方形を整列させたときと同じように、今度は縦方向(垂直方向)に揃います。

entry10_inkscape11

更に「重なりを除去」を行うと・・・

entry10_inkscape12

表が完成します。

entry10_inkscape13

あとがき

矩形にかかわらず、整列と配置を使うと、綺麗に縦横を揃えることができます。

読み込んだ写真を背景画像にして、その中心に文字を配置したいときなど、用途が沢山あります。

使い方を理解しておくと、inkscapeでの操作レベルが格段に上がります。

 

その他のinkscapeの使い方はこちらにまとめてありますので、よろしければどうぞ。

tipLog

tipLog

inkscape・GIMPを使ったデザインお勉強ブログ。WordPressなどのウェブ関連のお勉強もしています。2019年6月にInkscapeの書籍を出版しました。 現在は個人事業主向けのホームページやブログ導入のお手伝いをしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


tipLog

tipLog

inkscape・GIMPを使ったデザインお勉強ブログ。WordPressなどのウェブ関連のお勉強もしています。2019年6月にInkscapeの書籍を出版しました。 現在は個人事業主向けのホームページやブログ導入のお手伝いをしています。

Inkscapeの入門書

ランキング

  1. inkscapeで取り込んだJPGやPNG画像をトリミングをする方法

  2. inkscapeで「フチ文字」を作る方法2つ+ちょっとした応用

  3. inkscapeの基本機能だけで矢印を描く方法

  4. PHPでデータベースから取得した配列を加工する方法

  5. 超簡単!inkscapeで直角三角形を作る方法

  6. inkscapeの使い方を集めたスキルアップのための日本語チュートリアル集

  7. inkscapeの「整列と配置」でオブジェクトを綺麗に並べて表を作る方法

inkscapeを学ぶ

TOP