WordPressのテーマオプショの保存時に403となってしまうときの対処法

ブログやサイトの作り方

WordPressのサードパーティ製無料テーマに「biz-vektor」という高機能なテーマがあります。

その中のテーマオプションでは広告の設定などWordPressの管理画面で通常はできないような設定を行うことができるすぐれものです。

ただし、設置するレンタルサーバーによってはテーマオプション保存時にエラーとなることがあります。

このエラーを回避する方法をメモしました。

テーマオプションでスクリプトを入力すると403エラー

テーマオプション画面の投稿設定でアフィリエイトバナーやAdSenseコードなどのスクリプトを入力すると403ページにジャンプしてしまうという現象が起こります。

これを回避するためにはサーバー管理画面からWAF設定という項目を開いて、無効にする必要があります。

WAFとは記事を不正に改編するような悪質なサバー攻撃を回避するために設定されているウェブアプリケーションファイアウォールという機能です。

これが有効になっているとWordPressの管理系のページでスクリプトコードを入力することができなくなります。

テーマオプションは管理系のフォルダのwp-adminのoptions.phpを編集することになるので、WAFの対象となり、スクリプトを入力すると編集を保存できない現象が起こります。

WAF設定の変更方法

当ブログではロリポップレンタルサーバーを利用しているのでロリポップの仕様を元に解説します。

WAF設定を無効にするには、管理画面にログインして[WEBツール]→[WAF設定]の順に進みます。

lolipop_waf_setting01edited

lolipop_waf_setting02mosaic

この中から該当するドメインのWAF設定を一旦無効にしてbizvektorのテーマオプションから広告などのスクリプトを入力すると、変更を保存できるようになります。

lolipop_waf_setting02edited

設定の反映に5分から10分かかるようです。

注意点

WAF設定を無効にしたまま放置すると、サイト改ざんされる危険性があります。

面倒ではあるのですが、毎回WAF設定は有効に戻しておいたほうが安全だと言えます。

tipLogtipLog

tipLog

inkscape・GIMPを使ったデザインお勉強ブログ。WordPressなどのウェブ関連のお勉強もしています。2019年6月にInkscapeの書籍を出版しました。 現在は個人事業主向けのホームページやブログ導入のお手伝いをしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


tipLogtipLog

tipLog

inkscape・GIMPを使ったデザインお勉強ブログ。WordPressなどのウェブ関連のお勉強もしています。2019年6月にInkscapeの書籍を出版しました。 現在は個人事業主向けのホームページやブログ導入のお手伝いをしています。

Inkscapeの入門書

ランキング

  1. inkscapeで取り込んだJPGやPNG画像をトリミングをする方法

  2. inkscapeで「フチ文字」を作る方法2つ+ちょっとした応用

  3. inkscapeの基本機能だけで矢印を描く方法

  4. PHPでデータベースから取得した配列を加工する方法

  5. 超簡単!inkscapeで直角三角形を作る方法

  6. inkscapeの使い方を集めたスキルアップのための日本語チュートリアル集

  7. inkscapeの「整列と配置」でオブジェクトを綺麗に並べて表を作る方法

inkscapeを学ぶ

TCDテーマ「Switch」
TOP