Inkscapeのマニュアル本を出版しました。

Windows8.1からWindows10にアップグレードしてみた

Windows10の無償アップグレードを予約していたのですが、アップグレードの通知がなかなか来なくて確認をしてみたら、アップグレードできるようになっていました。

Windowsはアップグレードたびに不具合が出るので少し心配でしたが、思い切ってアップグレードを実行してみました。

PR

アップグレードを始める

アップグレード出来る状態であれば、タスクバーにあるWindowsのロゴマークをクリックするとこのようなウィンドウが表示されます。

windows 2015-08-15 01-33-53-926

そのまましばらく待つと、ダウンロードが完了してアップグレードを実行できるようになります。

アップグレードを開始すると、始めは利用規約が表示されるので、同意します。

windows 2015-08-15 01-34-32-617

次の画面で、アップグレードの予約をするか、すぐにアップグレードするかを選ぶことができます。

自分はすぐにアップグレードをしたのですが、アップグレードに2時間はかかりました。

当然アップグレード中は何もできなくなるので、作業途中であればスケジュールを予約しておくことをオススメします。

windows 2015-08-15 01-35-10-395

アップグレードが始まると更新の適用やファイルのコピーなど、様々な処理がされます。

その間、何度か再起動を繰り返しますが、異常ではないのでご安心を。

あまりに時間がかかる上に何も作業ができないので、眠くなって寝てしまいました。

朝起きてみると、更新が完了して、マイクロソフトのユーザー登録画面が開いていました。

通常通り、パスワードを入力し、ユーザー登録などを済ませて、起動すると画面の下側が変わっていました。

windows 2015-08-15 08-06-58-841 mosaic

スタートボタンの挙動

Windows10ではスタートメニューの挙動をWindows7のように戻しているとのことでしたので、Windows8.1からアップグレードした場合にはどうなっているのかを確認してみました。

windows 2015-08-15 10-45-10-432 mosaic

スタートボタンを押すと、Windows8.1では全画面でアプリのスタートメニューが開きましたが、Windows10では従来のスタートメニューのような表示がされています。

Windows8.1のスタートメニューとして登録していたアプリが、アップデート後もそのままスタートメニューに表示されています。

この点はアップデートとして評価できますね。

windows 2015-08-15 10-35-00-754 mosaic

これはWindows8.1のときと同じように並べ替えたり、グループごとに名前をつけたりできます。

印象的にはWindows7とWindows8のイイトコどりをしている感じですね。

いろいろなソフトを起動してみましたが、特に不具合無く使えているので、まだアップデートしていない方は検討してみてください。

PR
最新情報をチェックしよう!