Inkscapeのマニュアル本を出版しました。

失敗したくないお酒選び。プチ贅沢なおすすめのウィスキー3選

最近のスーパーではそれなりに銘柄が揃っているので手軽に購入できるのですが、バーテンダーさんみたいにおすすめを教えてくれる人がいないので、ウイスキー選びは難しい気がします。

本当に好きなウイスキーに出会うまでは少し試行錯誤が必要な部分もありますが、ある程度目的を持って選ぶと好みに近いものが見つかり易くなります。

そこで個人的におすすめのウイスキーを紹介して見ようかと思います。

PR

個人的な好みは香りが良いスムーズな味のスコッチ

おすすめと言っても人によって好みは千差万別です。

私の嗜好は基本的にはスモーク(燻製のような香り)がきついものが好みです。

ナッツなどがなくても充分なくらいにスモークが効いている方が好みということです。

欲を言えば、口当たりが滑らかなものだとなお良しといった感じです。

おすすめ3選

ラフロイグ

ラフロイグは香りが良いスコッチ・ウイスキーですね。

同じブランドに「クオーターカスク」という通常の樽の4分の1サイズの樽で香りを強くした物があり、そちらのほうが有名かもしれませんが、価格はそれほど変わらず少しマイルドで刺激の少ない、それでいて香りが良いのが「ラフロイグ10年」です。

ウイスキーといえばナッツやドライフルーツ、チョコレートとの相性が良いのですが、ラフロイグに関してはおつまみが必要ないくらいに香りが良いです。

ウィスキーのスモークをゆっくり味わうには最適のスコッチですね。

白州

日本産のウイスキーで、飲食店でもよく見かけるので有名ですね。

白州の場合はストレートやロックで飲むよりも、ハイボールにしたほうがスッキリとした飲み口で爽やかな香りが楽しめますね。

ここで紹介したのはストレートやロックだとアルコールがきつくて楽しめないという方もいると思ったからです。

当然、飲食店でも白州のハイボールがのめますが、自宅でゆっくりしたいときにもおすすめです。

ジェムソン

香りも良い、値段もお手頃なアイリッシュウイスキーです。

あまり有名ではないのかもしれませんが、香り・味のバランスが良いです。

自宅で毎日1杯飲みたいな~というときにはピッタリのウイスキーです。

一度2Lの大瓶で購入したことがあるのすが、飽きずに最後まで楽しむことができました。

スーパーではあまり見かけないので、探すのは大変かもしれませんね。

あとがき

ウィスキーは1000円前後のものから、高いものだと10万円を超えるものまで、価格は天井なしです。

普段から飲むのであれば、どんなに高くても5000円くらいまでかな?と勝手に決めつけて、それに近い価格帯のものを3つ選んでみました。

個人的にはラフロイグを毎日楽しみたいという欲求がありますが、この3つを購入して、その日の気分によって飲み分けるというのも有りですね。

では今日はこの辺で。

PR
最新情報をチェックしよう!